電子タバコのメリット!通常のタバコとは違ったメリットがある!


歯や壁が黄色くならないこと

電子タバコでは歯が黄色くなることはありません。歯が黄色くなるのは原因はタールです。電子タバコにはタールが含まれていないので、歯が黄色くなることはないのです。また、同じ理由で壁が黄色くなることもありません。電子タバコであれば部屋の中で吸っても壁紙を汚すことはないです。そのため、部屋の退去時に壁紙の張り替えなどの余計な費用が発生する可能性が低くなります。タールが入っていないことはメリットと言えるでしょう。

長期的に利用するなら費用が抑えられる

通常のタバコは1箱500円前後が相場になっています。タバコを吸う人の平均的な喫煙量は1日に1箱ですので、1ヶ月で15,000円程度の費用がかかることになります。一方、電子タバコだとリキッドを消費してタバコを吸う仕様です。リキッドの1ヶ月の消費量は約15mlとなっているので、約1,500円~2,000円の間くらいが平均の費用です。ランニングコストを比較すると電子タバコの方が安くなる可能性が高いです。

ただし、電子タバコは最初に本体を買う必要があります。そのため、本体価格を含めて費用を考えることが大切です。ただ、本体価格を費用に加えたとしても、長く使うのであれば電子タバコの方が安くなることは多いです。さらに、通常のタバコは値上がりすることも考えられますので、電子タバコの方が長期的に考えると安く吸い続けることができるでしょう。

ニコチンの量を減らすときに役立つ

電子タバコではニコチンの量を選ぶことができます。そのため、だんだんとニコチンの量を減らして、健康への害を減らすことに繋げることができるのです。

ニコチンリキッドを初めて購入する際は、容量の小さなものを選ぶことが大切です。特に、においを確かめることが出来ない場合には、失敗することも増えてしまうので、大容量のものは避けるようにしましょう。