壁面緑化で光熱費が下がる理由とは?一般家庭でも実践できる?

壁面緑化で光熱費を賢くコストダウン

壁面緑化を行うメリットとして最初に挙げられるのが、光熱費のコストダウンです。建物の壁面に緑が生い茂る事で、いわゆる天候の悪影響が軽減されます。特に日本の真夏は、壁面緑化のメリットが実感しやすく、直接太陽光が建物に当たらなくなります。太陽光が直に当たらない事で室内の温度上昇が緩和され、エアコンや扇風機の利用頻度や利用時間が減ります。暖房器具が欠かせない真冬の時期も、壁面緑化の恩恵はあります。冷えた外気が直接建物に触れない事で、室内の温度低下が緩和され、暖房器具の利用率が上手く抑えられます。光熱費の節約に壁面緑化は貢献し、その面積が大きければ大きいほど、コストダウンの効率アップが望めます。

一般家庭でも壁面緑化は十分可能です

壁面緑化は十分個人の家でも実践する事が出来ます。ゴーヤやアサガオなどのツル性の植物を選び、壁面に這わすように育成します。ゴーヤやアサガオなどは家庭菜園でも、しっかりと成長させられる種類です。ホームセンターやスーパー等で種や栽培に必要な肥料などが手に入ります。ゴーヤは上手く成長させる事で、立派な食用の物が収穫可能です。子どもの情操教育や夏休みの自由研究にも壁面緑化は役立つでしょう。

市民の壁面緑化を応援する自治体が増えてきており、ヒートアイランド対策や地球温暖化防止の観点から一般家庭向けに助成金を援助する街もあります。壁面緑化に関心がある方は一度最寄りの市役所に相談し、助成金が受けられるか質問してみるのも良いでしょう。

壁面緑化は、道行く人に良い印象をもってもらえたり、車の排気ガスや酸性雨などによる壁の劣化を最小限に抑えたりすることができます。