大事な時計を長く使いたい!機械式時計のメンテナンス方法と費用の相場

機械式時計でメンテナンスが必要な理由

海外の高級ブランドの時計などで採用されている機械式時計は、3年から5年を目安にメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスが必要とされる大きな理由の一つがパーツの劣化です。機械式時計はゼンマイを始めとした数多くのパーツを動力にして動いています。これら消耗品のパーツは長年の使用で徐々に劣化してしまうため、そのままにしておくと噛み合わせが悪くなるなどの不具合が起こってしまうのです。逆に定期的なメンテナンスをしっかりと行っていれば数十年以上使い続けることもできます。

メンテナンスに必要な費用の相場

機械式時計のオーバーホールに掛かる費用は時計の種類によって大きく違います。国産メーカーであれば数千円程度で行うこともできますが、海外の有名ブランドの時計では数万円近く掛かるケースも少なくありません。これは内部の機構が複雑なため、専門の技術と知識を持った職人でなければ作業できないことが理由です。同じ時計でも依頼する業者によって金額に差が出ることもあるので、できる限り出費が抑えられる所を選ぶのがポイントになります。

セルフでメンテナンスをする時の注意点

パーツの交換など内部の動力は素人が手を出すと修繕不可能となってしまうのでNGとされていますが、外装部分であれば個人でも可能です。盤面のガラスやベルトなどは乾いた布で拭き、ベルトの隙間部分に入った汚れは楊枝などの細いもので取り除きます。中には手間を省くために水で洗ってしまう人も少なくありません。例え防水機能が備わっていても金属部分は塗装が錆びてしまうこともあるので水洗いは避けるのが無難です。

グランドセイコーは、老舗時計メーカーであるセイコーのブランドのひとつとして、1960年に始まりました。高い技術力とスタイリッシュなデザインの高級時計として、世界中で高い評価を得ています。