電子タバコの利点はある?禁煙や節約に有効!


禁煙や減煙のために電子タバコを使用する

禁煙を何回も挑戦したけれど失敗に終わってしまう…という人は多いのではないでしょうか。そんな人に電子タバコは選ばれています。紙タバコをやめたいと思っても、依存性が高くて挫折してしまう人も少なくありません。食後や仕事の休憩時に一服するのが習慣化していることもありますし、ストレスを感じたら吸ってしまうという人もいるでしょう。それでも、健康のために喫煙量を減らしたいという時に、電子タバコがおすすめです。国内で販売されている電子タバコには、ニコチンやタールという有害物質が含まれていないという特徴があるので、紙タバコに代わる嗜好品として使用できます。また、ニコチンが入っていないと物足りないという人は、海外製品はニコチン入りがあるので、海外の電子タバコからまずは取り入れてみるのも良い方法です。

紙タバコの値段は高い!電子タバコで費用を抑えよう

昔は200円前後で購入できた紙タバコも、今では1箱500円前後になり、毎日1箱使用する人は1ヵ月15000円程度の費用がかかります。決して安いとは言えない値段なので、一日の使用本数が多い人は費用の負担がかかりますよね。電子タバコなら費用を抑えられるというメリットがあります。紙タバコを1日1箱消費する人は、電子タバコに置き換えると1ヵ月でリキッド使用が15mlほどの消費となります。リキッド15mlは平均で1500円から2000円前後になるため、毎日使用すると紙タバコよりも電子タバコに乗り換えた方が費用は大幅に抑えられるでしょう。またいつタバコ税が値上がりするかわからないので、今の紙タバコの値段に不満がある人は、電子タバコの検討をしてみてはどうですか?

vapeのタバコフレーバーは、タバコ系やメンソール系、ドリンク系、フルーツ系、スイーツ系の5種類のタイプがあります。タバコ系以外は、「爽快感・刺激感」と「甘さ・濃厚さ」のバランスでリキッドの種類が選べます。