電子タバコって普通のタバコと何が違うの?

電子タバコと普通のタバコの違い

電子タバコとは液体状のニコチン、フレーバーを加熱し蒸発した水蒸気を吸うタバコです。普通のタバコに比べて自由度が高いのが特徴です。例えばフレーバーとニコチンの量を先に調節し、自分好みの味に変化させる事ができます。またその場で加熱して水蒸気にするので普通のタバコでは味わえない濃い味を楽しむ事が可能です。乾燥させた普通のタバコの場合、開けた瞬間から劣化してしまい、また葉っぱ特有の独特な風味があります。純粋にフレーバーとして甘い味を求めたいのであれば電子タバコはおすすめです。

タバコの中には加熱式タバコがありますが、このタバコは低温でじっくりと煙を出す事で深い味わいを出す事ができるタバコです。電子タバコと比べてやや味の濃さが少なくなりますが、マイルドな香りを楽しむ事ができます。

電子タバコのリキッドは豊富にある

電子タバコの種類はどのくらいあるのでしょうか。電子タバコの発祥は海外です。基本的に輸入して使用する必要があります。リキッドの種類は数千種類と言われ、日本のタバコに比べて何倍も多い事がわかります。常にリキッドの種類は増えており、常に味に飽きることはありません。リキッドは大きく分けてメンソール系とフルーツ系の2種類に分かれます。メンソールは喉にガツンと刺激を与え、普段のタバコよりも刺激的なフレーバーを求めている人におすすめです。フルーツ系は甘い味わいのものが多く、気分によって使い分ける事ができます。

電子タバコを買おうとしている人は1つ注意点があります。それはニコチンです。日本ではニコチン単体の販売は禁止されているのでネットから取り寄せる必要があります。直接個人輸入だと大変なので代理会社を通して購入するようにしましょう。

ニコチンリキッドとはVAPEという電子タバコを吸う際に必要なリキッドのうち、ニコチンが入っているものを指します。